胸腹部臓器の後遺障害等級表

胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 介護1級2号
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時に介護を要するもの 介護2級2号
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの 第3級4号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの 第5級3号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの 第7級5号
両側のこう丸を失ったもの 第7級13号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの 第9級11号
生殖器に著しい障害を残すもの 第9級16号
胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの 第11級10号
胸腹部臓器の機能に障害を残すもの 第13級11号

お気軽にお問い合わせください。

お電話によるご相談
042-541-6545
方向性が決まるまでのご相談は原則無料です。
お気軽にお問い合わせください。
もっと詳しく
メールによるご相談
メール相談フォーム
メールによるご相談は24時間対応。
もっと詳しく
来社相談
プライバシーが守られた空間で、資料等をご覧頂きながら説明させて頂きます。
もっと詳しく  > 
出張相談
最寄り駅、ご自宅、職場、病院など、貴方のお近くまで行政書士がうかがいます。
もっと詳しく  > 
アクセスマップ