ご相談事例
当事務所の過去の事例の一部をご紹介します。

むちうち 事前認定で非該当⇒14級認定

Mさん (女性 主婦 47歳の場合)

車と車の追突事故。頚椎捻挫、いわゆる【むちうち症】との診断。整形外科と接骨院に9ヶ月治療するも、保険会社から症状固定を迫られ、仕方がなく治療終了。首の痛み、手のしびれが残存した。

もっと詳しく >>

むちうち 被害者請求で非該当⇒14級

Kさん (女性 会社員 35歳の場合)

車と車の追突事故。頚椎捻挫、いわゆる【むちうち症】との診断。めまいや耳鳴などにも苦しみながら、整形外科を中心に8ヶ月治療するも、首の痛みなどが残存した。医師からは「むちうちでは認定されない」と言われて半ば諦めていた。

もっと詳しく >>

腰椎椎間板ヘルニア 事前認定で非該当⇒14級認定

Sさんの場合 (男性 会社員 28歳)

バイクと車の事故。肋骨骨折、腰椎捻挫との診断。 腰の痛みがあり、MRIを撮影したところ腰椎椎間板ヘルニアとのこと。事故から8ヶ月治療を続けるも腰痛が残存。

もっと詳しく >>

膝複合靭帯損傷 事前認定で12級⇒異議申し立てで10級⇒8級

Kさん (男性 会社員 38歳の場合)

車とバイクの衝突事故。膝の複合靭帯損傷と診断。1年半治療するも膝の痛み、動揺性(不安定性)が残存した。

もっと詳しく >>

中足骨骨折後の痛み 事前認定で非該当⇒14級認定

Cさん (女性 主婦 42歳の場合)

歩行中に車に衝突された事故。中足骨骨折との診断。整形外科と接骨院で7ヶ月弱治療するも骨折部の痛み、しびれが残存した。

もっと詳しく >>

多発肋骨骨折後の変形と痛み 事前認定で非該当⇒12級

Cさん (男性 会社員 46歳の場合)

歩行中に車に衝突された事故。多発肋骨骨折、肺挫傷との診断。整形外科で7ヶ月弱治療するも骨折後の変形と痛みが残存した。

もっと詳しく >>

頚椎骨折後の神経症状 事前認定で14級 ⇒11級

Kさん (女性 自営業 45歳の場合)

歩行中にバイクに衝突された事故。頚椎破裂骨折等の診断。2年以上治療するも頚部痛や神経症状が残存した。

もっと詳しく >>

お気軽にお問い合わせください。

お電話によるご相談
042-512-7350
方向性が決まるまでのご相談は原則無料です。
お気軽にお問い合わせください。
もっと詳しく
メールによるご相談
メール相談フォーム
メールによるご相談は24時間対応。
もっと詳しく
来社相談
プライバシーが守られた空間で、資料等をご覧頂きながら説明させて頂きます。
もっと詳しく  > 
出張相談
最寄り駅、ご自宅、職場、病院など、貴方のお近くまで行政書士がうかがいます。
もっと詳しく  > 
アクセスマップ