腰椎椎間板ヘルニア 事前認定で非該当⇒14級認定

Sさんの場合 (男性 会社員 28歳)

バイクと車の事故。肋骨骨折、腰椎捻挫との診断。 腰の痛みがあり、MRIを撮影したところ腰椎椎間板ヘルニアとのこと。事故から8ヶ月治療を続けるも腰痛が残存。

事故前は何も症状はなかったのに、
保険会社や医師に
「ヘルニアと事故とは関係がない」と言われ
納得がいかないまま、後遺障害等級も事前認定で非該当。

症状固定後も通院している程なのに、非該当という認定結果が妥当かどうか、当事務所にご相談。ご依頼。
料金はSさんご自身が加入の自動車保険の弁護士費用特約にてお支払い。

ポイントを押さえた異議申し立てを行うために、当事務所で病院への照会状兼回答書を作成。
医師と面談し、作成を依頼。

医師に作成いただいた資料を元に行政書士が異議申立書等の書類作成。
申請。手続き代行。

14級9号と認定。

認定後の示談交渉については弁護士をご紹介。

弁護士の交渉により無事解決。

お気軽にお問い合わせください。

お電話によるご相談
042-512-7350
方向性が決まるまでのご相談は原則無料です。
お気軽にお問い合わせください。
もっと詳しく
メールによるご相談
メール相談フォーム
メールによるご相談は24時間対応。
もっと詳しく
来社相談
プライバシーが守られた空間で、資料等をご覧頂きながら説明させて頂きます。
もっと詳しく  > 
出張相談
最寄り駅、ご自宅、職場、病院など、貴方のお近くまで行政書士がうかがいます。
もっと詳しく  > 
アクセスマップ