等級認定結果が妥当かどうか

申請から1ヶ月半〜2ヶ月の間に等級認定の結果が出ます。

(後遺障害の内容により、それ以上かかる場合もあります)

等級認定の結果が出たら、その等級が本当に妥当かどうか、確認する必要があります。その理由として、次のようなことが考えられます。

  • 後遺障害等級認定は基本的に提出する書面と画像のみで判断されます。
    それらが後遺症の重さや状態を100%表現し切れているとは限りません。
  • 必要な検査が行われていないかもしれません。
  • 必要な所見の記載がないかもしれません。

もし、等級認定の結果に納得がいかないときには、【異議申し立て】を行うことができます。
異議申し立てとは通称で、認定のやり直しを求めて、再度行う手続きのことをいいます。

  • 何度でも行うことができます。ただし、新たな資料を提出しない限りなかなか結果は変わりません。
  • 事前認定、被害者請求どちらでも行うことができます。事前認定から被害者請求への切り替えも可能です。

等級認定の基準に沿って

等級認定には基準があります。基準に沿って、ポイントを抑えて認定のやり直しを求めていく必要があります。

後遺障害等級認定サポート専門の行政書士事務所

当事務所は異議申し立てを含めた後遺障害等級認定手続きのみを専門で行う行政書士事務所です。多数の事例をもとに、多くのお客様のご相談ご依頼にお応えしております。

無料で精査

後遺障害等級はその後解決に向けて最も重大なポイントとなります。その等級が適正であるかどうかは、必ず検討することをお勧めします。
当事務所では、等級認定結果が妥当かどうかの精査・アドバイスは無料で承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

このカテゴリーのその他記事
まずは症状固定
次に等級認定

お気軽にお問い合わせください。

お電話によるご相談
042-512-7350
方向性が決まるまでのご相談は原則無料です。
お気軽にお問い合わせください。
もっと詳しく
メールによるご相談
メール相談フォーム
メールによるご相談は24時間対応。
もっと詳しく
来社相談
プライバシーが守られた空間で、資料等をご覧頂きながら説明させて頂きます。
もっと詳しく  > 
出張相談
最寄り駅、ご自宅、職場、病院など、貴方のお近くまで行政書士がうかがいます。
もっと詳しく  > 
アクセスマップ