行政書士と自賠責業務

行政書士は書類作成・手続き代行の専門家です。

行政書士とは、書類作成、手続き代行、それらに関する相談を業として報酬を得て行うことのできる国家資格です。
(他の法律で制限されているものを除く) 交通事故においても、

  • 被害者請求による後遺障害等級認定手続き(異議申し立ても含む)
  • その他の自賠責保険の被害者請求手続き
  • 損害を立証する資料の起案
  • 権利義務もしくは事実を証明する書類の作成
  • 上記に関する相談

など、様々な形で問題解決のお手伝いができます。 ちなみに上記を業として報酬を得て行うことができるのは弁護士と行政書士のみです。他士業、無資格者がそれを業として報酬を得て行うことは法律で禁じられています。

※行政書士は示談交渉の代理はできません。

等級は行政書士に

仮に後遺症が残ってしまった場合、適正な賠償を受けるためには、適正な等級認定が大前提になります。ぜひ等級認定は行政書士にお任せください。


小さなことでもお気軽に

訴訟や示談交渉を行政書士に依頼することはできません。
ただ、「弁護士さんにこんなこと聞けない・・・・・・」という小さなことでも、相談できるのが行政書士です。精神面でも、コスト面でも、より身近で相談しやすい存在として覚えていていただければと思います。
行政書士の守秘義務
行政書士は法律で秘密を守ることが義務付けられています。
(違反すると1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

交通事故に遭うと、保険会社、医師など、それぞれの分野のプロと関わりを持つことになります。それに比べて被害者の情報量が不足しており、知っていれば救われるのに、知らないまま泣き寝入りというケースが少なくありません。
当事務所は交通事故後遺症等級認定サポート専門の行政書士事務所です。ご相談いただければ、まずは貴方の情報量の穴埋めをし、「知らないまま泣き寝入り」を予防します。
どんな些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。


お気軽にお問い合わせください。

お電話によるご相談
042-512-7350
方向性が決まるまでのご相談は原則無料です。
お気軽にお問い合わせください。
もっと詳しく
メールによるご相談
メール相談フォーム
メールによるご相談は24時間対応。
もっと詳しく
来社相談
プライバシーが守られた空間で、資料等をご覧頂きながら説明させて頂きます。
もっと詳しく  > 
出張相談
最寄り駅、ご自宅、職場、病院など、貴方のお近くまで行政書士がうかがいます。
もっと詳しく  > 
アクセスマップ